車を運転する立場からすると、無灯火の自転車はけっこう怖い

日頃車を運転していると、夜間に無灯火で走っている自転車をけっこう見かけたりします。
自転車の場合、乗っている人からすると、街灯もあるし、それほど暗くて走りにくいという風に感じることはないかもしれません。
でも、車を運転している側からすると、無灯火の自転車は近くにこないと発見できなかったりするので怖い存在だったりします。
特にクロスバイクやロードバイクのように、スピードを出して走る自転車には特に注意してもらいたいと思います。
自転車も車もスピードを出している場合、対向して向かってくる自転車が急に現れるような印象があります。
それから、自転車の後方にも、早く発見できるように自発光式のライトをつけてもらいたいなと思ったりします。
大きな道路などで自転車と車が走行するレーンが分かれている場所では、あまりびっくりすることもありません。
しかし、そうではない少し細い道なんかでは、発見が遅れると接触するような事故が起こる可能性があります。
自転車と車であれば、大きなダメージを受けるのは必ず自転車に乗っている側になるので、自衛のためにもライトは点けてもらいたいものですね。貸し入れ