水溶液についてと紫キャベツの試行用紙の対応

水溶液などについて探究しました。アンモニア水は、色あいは無色だ。においは鼻を指すようなにおいが決める。リトマスペーパーの色あいの変化は、赤色から青色になります。ほのおの色あい(炎色あい反動)はありません。鉄を入れたときの変化はありません。気温を引きあげると蕩ける高がかかるものは、温度を下げると溶けていたものがクリスタルで出てきます。次は、クリスタルについてだ。クリスタルはいくつかの平面で、規則正しくかこまれている。クリスタルには塩化ナトリウム(食塩)、硫黄銅、硝酸カリウム、天然の硫黄などがあります。悪いクリスタルを温かい満杯溶液中につるすと、クリスタルが成長します。そして、別の満杯溶液中につるすと、成長したミョウバンのクリスタルができます。次は、便利な紫キャベツ検証ペーパーのつくりかたについてだ。紫キャベツ液にろ紙をひたします。ろ紙を紫キャベツ液から盗み出し、カサカサさせます。乾燥したろ紙を適当ながたいに切り、紫キャベツ検証ペーパーとして使います。何とも勉強になりました。