小学校の先生が書いた元気がでる漫画、「usao漫画」

今日はアマゾンで注文していた本、「usao漫画」が届きました。
小学校の先生が友達や生徒を励ますために書いた漫画をtwitterにアップしていたら話題になり、五年かけて書籍化になったそうです。
友人がfacebookに漫画の内容をアップしていて(画像の転用は自由にやっていいそうです。)小学生の娘に読ませたいなと思って早速注文しました。
届いた本は本というよりノートみたいな装丁で、気軽に手に取れる感じです。
漫画は4コマや5コマの漫画で、usaoといううさぎさんが主役です。
時間もあまりなかったのでパラパラとめくっていると‥‥しっかり読みはまってしまいました。
どれもこれも少ないシーンにも関わらず、必ずほっこりさせてくれます。少しうるっとくるものも。
そして娘にとってよかったなと思うのが文字がすごく少ないことです。
登場人物の表情や動き、少ないセリフや効果音から色んなことを自分で感じ取らなければ読み進められません。
実際1ページ読むのに普通の絵本くらいの時間がかかっているようでした。
最近は忙しさから、心の機微を大切にしていなかったので、生活を見直すいい機会になりました。アコム 手数料

不純な動機で立候補して広告代を浮かしていらっしゃる個人は嫌いだ

媒体を見ていたら、なんでも都知事選に立候補やるのはあの3人だけでなく、誠に20数人いるようですね。驚きました。それでその自分のことを話していました。どうやら意外と当選なんか見込める自負なんか己陣も無いのを知っていて立候補しているようです。理由は勿論、知名度ですね。それぞれ、意味は何かとだそうですが、組合のリーダーであれば利益upやお得意さんを増やせる、宗教組織の一番であれば気違いを増やせる、役者であれば知名度で出社を増やせるという具合に自分広報に利用しているそうです。早朝昼間真夜中夜更けとテレビで取り上げてもらえば、それだけで明確、広報嵩が浮くそうです。それが意味なんだそうです。でもあたしはこれは許せませんね。ずるいの嫌いなんですよ。しかもこういう自分、ありとあらゆる選挙に立候補しているそうです。都知事だけでなく日本度合いの知事などで。だからこのふざけた人達が後日立候補できないように、前回の投票で例えば何票入らなかったら5通年立候補できないとか決めればいいんですよね。女性ホルモン 増やす