私立学校の寄付金は決してケチらずに快く寄付する

私立の学校に入ると、ほぼ必ずといっていいほど入学時に寄付金も募られます。
中には毎年寄付するよう促される学校もあるかもしれません。
寄付なのであくまで善意。
万が一しなくても別に入学には差し支えないでしょう。
しかしうちは、子どもが私立学校に入学する際、快く寄付しました。
理由は、私立学校の寄付金は、学校の運営に使われるからです。
これが用途不明だったり、経営者の懐に入るようでは腹立ちますが。
だいたい私立学校の寄付には、使われる用途の説明がされています。
校舎の増改築や設備、学習支援や校外活動のための資金として使われることが多いです。
子どもの教育のために使われるのであれば、喜んで寄付するというのが私の考えです。
なぜこれらの資金を学費ではなく寄付で募るのか。
それは、入学する生徒の家庭の中には、低収入や生活困難者がいるからだと推測しています。
それらの家庭からまで一律でお金を徴収するのは確かに厳しいものがあります。
うちだって余裕があるわけではないですが、寄付金ならなんとか出せなくもない金額なので、贅沢しないでお金を貯めて、必要なことに使われる寄付は惜しみなくお金を出すようにしているんです。脱毛ラボ 総額