丈夫で健康な歯茎があって丈夫な歯が存在する

年を重ねると歯も色々と不具合が出て来て,歯医者さんにも定期的に行くようになりました。
よく虫歯が出来ない人は歯質が丈夫なために歯茎の状態に気付かず,いつの間にか歯周病を悪化させている事があるようです。
歯を磨いている時に血が出たり冷たいものが沁みたりと要注意のサインは出るようですが,歯を削ったり歯石を取る治療行為が苦手な人も多いようで二の足をふむようです。
私は右下の奥歯がかなり内側に傾いていてもあまり気にしていなかったのですが,歯医者をしている同窓生と再会して定期健診的に見てもらったら危険信号の指摘を受けたので,それからは症状がなくても定期的に通うようにしています。
実は傾いた歯があるとその歯ではなく噛み合わせる向かい側の歯に支障が出てくるのです。
右下が傾いていると右上の当たりも斜め気味になって歯茎にストレスがかかり隙間が出来やすくなります。
その隙間に歯周病菌が侵攻して骨を溶かすのでより隙間が増え,その繰り返しでどんどん骨がなくなって最後には抜けてしまうという負のスパイラル状態になっています。
悪化の進行を少しでも遅らせるため真面目に歯医者通いをしています。お金 借りる 5万