ファイナルファンタジーシリーズがギネスに認定された件

スクウェア・エニックスのRPGゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズが世界で最もタイトル数の多いRPGシリーズとしてギネス世界記録に認定されました。現在、ファイナルファンタジーのナンバリングタイトルは15までですが、タクティクスシリーズやクリスタルクロニクルシリーズなどの派生作品、リメイク作品の一部を含めてその認定記録は87タイトルにものぼったということです。ファイナルという名に反して、ものすごい息の長いタイトルになっていますね。ちなみにこのファイナルファンタジーのファイナルには当然「最後の」という意味がありまして、一作目の発売当時、開発・販売元のスクウェアは倒産寸前まで追い込まれていたということです。そういった背景からファイナルという名が冠されたのかと思いきやシリーズの生みの親である坂口博信氏はFFというアルファベットで表記できる形であれば何でも良かったとコメントしています。実際にファイティングファンタジーという案もあったそうです。キレイモ 無料カウンセリング